くだらない

俺にとってロカビリーやパンクはめちゃめちゃ大事なものだから書かせてもらうよ。
これは、俺個人の思いとしてね。


親父の肩書きロカビリーを名乗って
能書きタレてた血統書付きがさ、

"30年周期でロカビリーブームが来てるから、ちょうど、今がその年代なんですよ!"ってデカいこと吐いてたけど、、ロックをナメんな。


どっかのヴィジュアル系バンドみたいに、バカ高い会費のファンクラブ作って、やることと言えば、デートクラブみたいな事ばっかで、、、

今度は、カラオケボックスで無知なガキ集めて、他人の歌とチェキ撮影会ひらいては、また高い会費とって。

普及、普及って、自分普及かよ。


どうせやるなら、小さなハコでも準備してさ。
支持してくれてるファンのために、アコースティックギター1本くらい持って行って、オリジナルライブとか頑張れよな。。それも、もっと安い値段設定でさ。


少なからず、俺のまわりのバンドマンはもっと死ぬ気でバンドやってる。
金が無くても、常に、出来る限りライブは安く設定するし、、毎回、汗だくになってライブしてるよ。

CDも必死になって売ってる。
それが本当のバンドマンの姿だと思うよ。


それが、カラオケボックスで金取ってオフ会ってなんだよ。。この発想自体が質悪い。

まず、それ以前に、
俺はオフ会とかやるバンドマンは嫌い、、、
それでカラオケボックスでクソ高い会費を取る上に、飲食は別途、各自負担てなんだよ(笑)

さすがにムカついたよ。



ふた言目には、
お腹の中にいた時から、ロカビリー聞いてました…?ロカビリーDNA??

だったらなんだよ!(笑)
ヒーカップがどうとか、マンブリングがどうとか、ロカビリー参考書みたいな能書きはいらんから汗だくのロックで勝負しろよな。

これだから血統書付きの頭のイカれた連中を俺は好きになれないんだよ。。。感覚がおかしい。


有名な親がいようが、有名な音楽評論家がついてようが関係ないんだよ。ほんとこんなのが、これからも日本の新生ロカビリーとして支持されていくんだとしたら、日本のロカビリーはくだらないし、おもしろくもない。


それでも支持したい人は支持してればいいけどね~

ただ、俺とは合わないだけだから(^-^)

アコースティックやってみたら

アコースティックライブ自体、
数年前に、まっちゃんとやり出したんだけど
、、
最初は小さなバーなんかで時々やってて、
それから有りがたい事に他のイベントにも声をかけてもらえたりして、そろそろ名前も必要じゃない?って言われて、付けた名前がRADIO EROTICS。


アコースティックをやってみて、
バンドにはない良いところは、
どこでも手軽に聞けて、どこでも手軽にライブやれる強みだと思う。

あんまり場所を選ばないからね。
最近は、アコースティックギターで路上すると、ポリスがすぐにやってきてやめろというんだよね。

酒に酔って大声で騒いでるのは問題なくて、ギターで歌うのは取り締まるんだから、よくわからないよ。


あと、
アコースティックをやってみて難しいところは、
ほとんどのオリジナル曲はバンドでやる前提で作ってるから、アコースティックでやると、たまにダサくなる曲もあったりする(^_^;)


アコースティックは手軽だけど、
なかなか楽しくて難しい。

6月9日(土)はドクターズ・バーで
アコースティックイベントやってるから
遊びにきてね!

2018041517092373c.jpg

パールズ!

The EROTICSでドラムを叩くシューヘー。

よく知る人は知ってるんだけど、実は、シューヘーにはもう一つの顔があって、パールズというバンドでドラマーを長くしてるんだよね。

パールズは、泥酔レコードと名乗るだけあってライブに酒はかかせないバンド。
パンクロック、サイコビリー、スカ。の臭いはするんだけど、どれでもないバンドで、オリジナル曲のテーマになるのが何よりも酒。

分かりやすい説明が難しい……
The ドランクモンキーバンド。

そのパールズが先日、ライブということで両国サンライズで、久しぶりにパールズで楽しませてもらったよ。

なんだろうね(^-^)
ウケとか狙ってくるわけでもないのに、じわじわくるあの独特の空気感。

とにかく、例えにできるバンドが見当たらない(笑)

そしてThe EROTICSとはまた違うシューヘー、これまたカッコ良かった!

パールズアイテムのマスク販売したら欲しいな。

20180416182335b9f.jpg


201804161823450ec.jpg

告知!アコースティック★ガレージ

RADIO EROTICSとフクシマ×カズマの、
忘れた頃イベント。

普段、バンドやってる連中が、
全てアコースティックでやるイベント。
前回から丁度1年たってやるんです。

RADIO EROTICS、フクシマ×カズマの他に今回は、、、
HOT DOG BUDDY BUDDY、名古屋のSOUL OF LIBERTYからはミツチル with Dが参加しますよ~。

RADIO EROTICSとしては、The EROTICSのオリジナルはもちろん、バンドライブではやらない曲なんかもやりたいね!

バンドイベントに慣れてる人にすれば、アコースティックってどうなんだろ?とか思ってしまうかもしれないけど、、そういう人にこそ来てほしいね!





6月9日(土)
ACOUSTIC★GARAGE vol.2
@DOCTOR'S BAR
op/st 18:30/19:00 ¥2000/¥2500(+1D別)

〒167-0043東京都杉並区上荻1-16-10ローレルビル4F

2018041517092373c.jpg


20180415170931343.png

バンドマンする基本的な事。

基本的な事。

自分のバンドがライブをするのに、
見たい人だけが見ればいいとか、
見たくない人は見なくていいとか、、、
ろくに宣伝もしない。

若い頃は、それもカッコつけの1つなんかもしれんけど、正直、そんなやつはライブしなくていいって思う。

見たいか見たくないは実際に見にきたお客が決める事で、やる側が最初からそんな気持ちでライブをやるのは違うね。

俺らみたいなライブハウスでライブやるバンドって何かをちゃんと考えた方がいい。

ビアガーデンのBGMバンドでもないし、
学祭の野外ステージでもないし。

お客は、ライブを目的で2000円の入場料払ってきてくれるわけでさ。

だから、ちゃんと告知宣伝を、SNS、ブログ、ホームページ、フライヤー、直接誘うとか……
それをライブが決まり次第やらない限り、お客は来ないというより、知るはずもないよ。

例えば、5バンド集まったライブイベントがあったとして、もし俺らが誰一人よべなかったとしても、誰かは見てくれてる。
だけど、それは他の4バンドもしくは、ライブハウスが宣伝して来てくれた貴重なお客なんだよね。

決して、自分たち目的のお客じゃないって事。
勘違いすんな?

けど、客集めに力をそそげない鈍感なバンドマンは気づかないんだろうね。


そりゃ実際、集客ってのは大変だし、どれだけ宣伝してても当日入らない時だってあるよ。

でも、楽しいライブしたいなら、日頃から出来る限りの宣伝しないとな。

よく行く居酒屋でもいいし、バーでもいいし、
何がキッカケで来てくれるかなんてわからないしね。。

あんまりライブに来るタイプがいないから誘わないとかは、思い込みにしかすぎないね。
そこは強気で誘うべきだし、ライブでそれだけ楽しませればいいんだよね。

演奏が上手ければ、お客が入るか?
正直、そんなんで入らないよ。

楽器をやるのと同じように、普段から宣伝ができないとダメなんだって事に気づいたほうがいい。

だって、考えたら1+1くらいに簡単な話しだよ。

勝手にお客を集めてくれる会社が、バンドについてないなら、宣伝は自分でやらなきゃならないって事だよ。。当たり前のことだよね。

ほんま、宣伝や集客もせず、演奏しに来ましたってだけのバンドマンはビアガーデンのBGMバンドやってればいい。

でも、ライブハウスでやるバンドしたいなら、まずはお客を必死に呼べ!

そんで、カッコいいライブをしたらいい。
次回も見たいか、見たくないかはお客が決めればいい。それでも、また誘えばいい。

ライブハウスでやるバンドマンは、集客の貪欲さを諦めたら終わりだよ。
メールフォーム
★ライブ出演依頼、質問、リクエスト、 感想などは、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

THE EROTICS

THE EROTICS

Author:THE EROTICS
"THE EROTICS"

Vo.SHINYA
Gt.TOMO
Gt.MATCHAN
Gt.EDDIE
Ba.SHIGE
Dr.SATOSHI

★THE EROTICS
ロンドン(ブリクストン)で出会ったCATSによるロカビリー、パンクロックを基本とするR&Rバンド。
グレッチギターとウッドベースのロカビリースタイルで都内を中心に活動中。

BLACK SIDESHOW BANDITというエロティックスのフロント3人で結成された、
アコースティックギタートリオとしても同時活動中。

カテゴリ
リンク
◆LIVE告知
2013年もThe EROTICSをよろしく!

THE EROTICS

Author:THE EROTICS
"THE EROTICS"

Vo.SHINYA
Gt.TOMO
Gt.MATCHAN
Gt.EDDIE
Ba.SHIGE
Dr.SATOSHI

★THE EROTICS
ロンドン(ブリクストン)で出会ったCATSによるロカビリー、パンクロックを基本とするR&Rバンド。
グレッチギターとウッドベースのロカビリースタイルで都内を中心に活動中。

BLACK SIDESHOW BANDITというエロティックスのフロント3人で結成された、
アコースティックギタートリオとしても同時活動中。