スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★しっかりしろよ!ロカビリー

ストレイキャッツやロカッツからはじまり、
今も、ずっとロカビリーってロックはカッコいいと思ってる。

日本じゃ、ロカビリーってどんなの?って人もいるのは事実。。それでも、ずっとライブハウスで頑張ってるバンドは好きだし、カッコいいなって思うバンドもあるしね。知らない人にはそういうイカしたロカビリーバンドを薦めたいし、見てほしいなって思ってる。

ただね、以前から何度も俺は口にはしてきた事だけど…。
今の日本のロカビリー界にあるブランド志向が、ロカビリーにあったはずの牙を丸く無くしてしまってるように俺は思ってるよ。

今回のブログは、それを踏まえて興味のある人は読んでみてね。。ちなみに、このブログ記事は、俺個人の思いとして書くよ。



親父の名前を肩書きに持って活動しはじめた、
ロカビリー血統書付きの2世…

"エルビス~ストレイキャッツと、ロカビリーブームは30年の周期で来てるから、2010年代はちょうど、自分達なんですよ!"って、いろんな場所でデカいことは吐いてたけど、、ロックなめんな?と。


蓋を開けば、どっかのヴィジュアル系バンドみたいに、何万円もするバカ高い会費のファンクラブ作って、やることは、デートクラブみたい二人きりで観覧車とかばっかで、、、

今度は、高い参加費とって、カラオケボックス?で無知なガキ集めて、他人の歌とチェキ撮影会(笑)

ロカビリーの普及、普及って……自分普及かよ。。カラオケで金とる発想が俺にはないわ。。(汗)

別にさ、誰かの活動の仕方をとやかく言いたくはないって気持ちもあるけどさ、これがロカビリーのやり方って思われたくもないしね。


まず、オフ会とかやりたがるバンドマン自体、
俺はめちゃ嫌いだけど、、それは俺の好みの問題だし、別に、オフ会やりたいならやればいいよ。

ただね、もしも俺がやるなら、
支持してくれてる人を集めて、せめてアコースティックギター1本くらい持って行ってやるけどね。。
バンドマンだし、ロカビリーとしての会にするね。

それも、小さなライブバーとかで安くね。。
ましてやカラオケボックスでやるなら、
もう招待するよ。


俺のまわりのバンドマンには、
オフ会とかしてる奴はいないけど、
少なからず、"業界人最高!"みたいな奴はいないし、ロックが好きで、もっと死ぬ気でバンドやってる。

自分達で必死でチケット売って、必死でCD売って、手間かけてグッズも作る。

金が無くても、儲けがなくても、、常に、出来る限りライブは安く設定するし、、イベント終わりには、アルコールに負けて終電逃してはフラフラ歩いて帰ったりしてても、毎回、魂込めて汗だくになってライブしてるよ。。
たがら、カッコいいライブができるんだよ。
俺はそんなロッカーが好きだよ。

それが俺らバンドマンのあるべき姿だと俺は思うよ。


それが、2時間ばかしのカラオケボックスでクソ高い会費とは別途飲食代。各自負担てなんだよ(笑)

ホストの真似事みたいなことするバンドマンが、新しいロカビリーを切り開くとかさ、ウザいよ。


まぁ、それを当たり前にできる神経でいれるのが、
いかにも血統書付きらしいね。
その親父にも、さすがにムカついたよ。


ふた言目には、
お腹の中にいた時から、ロカビリー聞いてました…?ロカビリーDNA??

だったらなんなんだよ!(笑)
肩書き付けたいなら自分の力で掴めよ。
ヒーカップがどうとか、マンブリングがどうとか、ロカビリー参考書みたいな能書きとかいらんから、、まずは、汗だくのロックで勝負しろよな。

これだから血統書付きの頭のイカれた連中を俺は好きになれないんだよ。。。俺らとの感覚が違いすぎてね。。もう、支持してる側にも違和感を感じる。

それをロックとしてとらえてるならね。


ちょっと有名な親がいようが、有名な音楽評論家に評価されてようが、ロックはそんなもんに何の魅力も価値も感じないよ。


ほとんどのバンドマンは、平凡な家庭に生まれ育ってても、本気で頑張ってるカッコいいやつは沢山いるよ。。そいつにブランド名なんてなくてもね。


だけど、そんな親子ブランドに魅力や価値を感じてる人も日本のロカビリー界には案外多いから、正直なところ俺はウンザリしてる。。しっかりしろよ!ロカビリーってね。


ほんとこれからも、こんな芸能人かぶれの血統書付き2世が、日本の新生ロカビリーとして支持されていくんだとしたら、、日本のロカビリーはくだらないし、おもしろくもなんともない。。

何するにも、金と力で仕組まれていくデキレースなロックには夢もないからね。


それでも支持したい人は支持してればいいけどね~。
ただ、俺とは合わないね(^-^)





スポンサーサイト

マッチャンの新曲

先日、新曲をスタジオ初合わせ。

マッチャンが曲を、俺が歌詞を書いたんだけど、久々にThe EROTICSらしいロカビリーソングになりそうな予感。

俺が作曲と作詞すると、やっぱパンク寄りになりがちなんだけど、そこはマッチャン!バッチリロカビリーをやってくれる。


The EROTICSは、グレッチにウッドベースってロカビリー形態ではありながら、パンク要素が強いのが俺らの特長であって、良さなんだけど、やっぱ、パンクとロカビリーの両方がバランスよく存在してなければっていつも思ってるよ。

だから、今回久々にロカビリーソングが増えるのに対してテンションあがってる!

余程のことがない限り、5月12日のライブで初披露できると思うから、みんな楽しみにしててよ!

あー!The EROTICSの10周年イベントも考えたいけど、『野良猫の夢』と、この新曲をレコーディングしてぇーなー!

GIBSONが破産か。。

ギブソンが破産ってね。。。
やっぱ、今どき楽器は売れないんか。

世界的な音楽離れ?が原因のひとつとか言われてるけど…
たしかに、今は、パソコンで曲作ったり、ネットの中でバンド組んだりしてる人もいるみたいだからね。

音楽をやるために、高いギターを買って弾けるように練習してとかだけでなくなってきたんだろうね。

でも、もしだよ?もしもね。

将来、パソコンのバンドが増えて、
ライブはおうちの中でパソコン画面やスマホで楽しみましょう!みたいになってきたらさ、それはクソつまんねーな。

だって、ミスすらないCDみたいな演奏しか聞けないんだよ?
バンドマンの熱気も画面じゃわからんよ?
汗ひとつ感じれないライブなんてライブじゃないっしょ。

今時、ボーカルまでロボットが歌うのが流行ってたりするみたいだし。

とはいえ、楽器が無くなるって事はないだろうけどさ、極端に大きくとらえるのも大事だとおもう。

あと、楽器も高いんだよね。

なぜか、スパンダーバレエ

はじめて聞いた洋楽って覚えてないけど、

はじめて何となく良い曲だなぁって思ったのが、小学生の頃に突然ラジオから流れた、スパンダーバレエの"トゥルー"ってやつ。

当時は、結構流行ってた曲みたいでよく流れてた。

パンクロックやロカビリーでもなく、むしろ全然ロックとかでもなくて、後に調べてみたらニューロマンティックっていうみたいなんだけど、、

子供ながらに、なんか心地良いなぁって思いながら聞いてたのを覚えてるね。

ラジオだから、とりあえずグループ名と曲名をメモしないと!って広告の裏に書いてね(^-^)

今おもえば、なんであの時にそんな風に思ったのかは全くわからんし、スパンダーバレエの顔も他の曲も全然知らないのに。

でも、いまだに不意に流れてるのを聞くと、『あっ!』って反応してしまうし、最後まで聞いていたくなるっていうか、自分の中で懐かしい気持ちと、いい曲だな~って思える1曲になってるね。

なんか誰にもそういうのがあるんだろうね。機会があればメンバーとも話したい話題だよ(^-^)

20180425205326947.jpg

石井ジャイアンツ

先日、池袋アダムへ、"石井ジャイアンツ"ってバンドのライブを見にいった感想。

自称、コミックバンド?

コミックバンドをあんまり見たことがないんだけど、、
でも、良かった!いや、マジで。

たしかに、見た目やMCなんかはコミックバンドな感じだし、30分間を退屈させない笑い
要素もちゃんとあるんだけど、、

ライブを見てると、不思議とだんだんコミックバンドと
いうより、アツいロックバンドに見えてくるんだよね。

スーパーマンのコスチュームしたボーカルや、ピエロみたいなメイクしたキーボードとか、
見た目はふざけた格好なんだけど、汗だくになりながら力強く歌って演奏する姿は妙に歌詞としっくり合ってて、

楽器を持つ他のメンバーとの一体感もちゃんとあって、全員がひとつになって、ドーンと来る感じでね。

そして、ライブが終わると、
面白かったなぁじゃなくて、カッコ良かったなぁ…なんだよね(^-^)
コミックバンドにこれほど心を掴まれたのは初めてかもしれないね(^-^)

また機会があれば見てみたいね!




201804230256318a9.jpg
メールフォーム
★ライブ出演依頼、質問、リクエスト、 感想などは、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

THE EROTICS

THE EROTICS

Author:THE EROTICS
"THE EROTICS"

Vo.SHINYA
Gt.TOMO
Gt.MATCHAN
Gt.EDDIE
Ba.SHIGE
Dr.SATOSHI

★THE EROTICS
ロンドン(ブリクストン)で出会ったCATSによるロカビリー、パンクロックを基本とするR&Rバンド。
グレッチギターとウッドベースのロカビリースタイルで都内を中心に活動中。

BLACK SIDESHOW BANDITというエロティックスのフロント3人で結成された、
アコースティックギタートリオとしても同時活動中。

カテゴリ
リンク
◆LIVE告知
2013年もThe EROTICSをよろしく!

THE EROTICS

Author:THE EROTICS
"THE EROTICS"

Vo.SHINYA
Gt.TOMO
Gt.MATCHAN
Gt.EDDIE
Ba.SHIGE
Dr.SATOSHI

★THE EROTICS
ロンドン(ブリクストン)で出会ったCATSによるロカビリー、パンクロックを基本とするR&Rバンド。
グレッチギターとウッドベースのロカビリースタイルで都内を中心に活動中。

BLACK SIDESHOW BANDITというエロティックスのフロント3人で結成された、
アコースティックギタートリオとしても同時活動中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。